ぷーさん式トレード講座 光~ひかり~ 株式会社ベアードラインを検証

FX商材

清水デザインです。
ぷーさん式トレード講座 光~ひかり~ 株式会社ベアードラインを検証しましょう。

販売者名 株式会社ベアードライン
住所       埼玉県さいたま市北区宮原町3-362ローヤルシティ宮原駅前1002
電話番号 090-2304-0694
URL    http://fx-kenshow.net/150257.html

<ぷーさん式トレード講座 光~ひかり~のセールスコピー>

勝率71.2%・・・
あるポイントを狙い撃つだけで
6か月後にあなたの資金が
14倍になる!としたらどうでしょうか?
その方法を私がお教えします。
10万円が140万
100万円なら1400万・・・
複雑な分析なその難しいことをする訳ではありません。
ただあなたは待つだけでいいのです。
簡単な方法ですので、すぐに実践してください。
そうしたらすぐに
お金には困らない技術を身につけることになるのです。

<ぷーさん式トレード講座 光~ひかり~の内容>

ぷーさん式トレード講座 光~ひかり~15分足メインのデイトレード・スキャル向きの手法です、
今回は優位性が一つのキーワードになっており、優位性のあるポイントを目視することで賢く冷静にトレードすることが可能になるとのことです。

上記のとおり、今作では15分足を用いたデイトレード手法がメインとなっていますが、ロジックの根底にある考え方はライントレードやプライスアクションが採用されているようです。

ライントレードとはチャート上にラインを引いてトレードする方法でプロトレーダーの多くが採用している手法です。

相場の世界で勝ち続けている方の多くがライントレードを実践しているとも言われているため、線を引くポイントさえ確実にマスターできれば実力のあるトレーダーに一歩近づけるということです。

一般的には上下のサポートラインや最高値、最安値に沿った斜めのラインなどを総称してトレンドラインとも呼ばれ、ライントレードを行うことでトレンドの転換を正確に見極めます。

その上でこの商材では、インジケーターを一切使わずに水平線を引くライントレードがメインとなっています。

至ってシンプルな手法とはいえ、損切りの幅を小さくすることで損失を最小限に抑えることができることから前作同様に損小利大を実現できているといえます。

そして勝率50%、利益幅と損切り幅の比率は2:1ということでこれまでと根本的な考えは同じなので堅実に利益を積み上げていくことができます。

その中でも更に絞り込んで「Wトップ・Wボトム」をとことん追求します。

ダブルトップ、ダブルボトムを利用してのトレードを仕掛けるには、いくつかのメリットがあります。

まず、①損切りが明確である

ダブルトップを使ってエントリーするということは、必然的にレジスタンスライン付近で売りを仕掛ける形となります。ですので、損切りポイントというのは、レジスタンスラインの少し上ということになります。

ダブルボトムを使ってエントリーする場合は、サポートライン付近で買いで仕掛けます。その時はサポートラインの少し下あたりに損切りを置くことになります。
明確な損切りポイントというのがあるということは、トレードにおいて非常に有効なことです。

次に②エントリー判断がし易い

損切りポイントが明確だということは、損失額が簡単に計算できます。エントリーが遅れてしまって相場が進んでしまい、損切りポイントからエントリーポイントまでの距離が離れすぎてしまうと、その分もし損切りとなった場合の損失額が大きくなってしまいます。

そういったときには、エントリーロットを減らしたり、エントリーそのものを見送る等の判断が必要になります。そういった判断も容易にできるというメリットがあります。

③レジスタンスライン、サポートラインが機能する

ダブルトップでのエントリーする場合はレジスタンスライン付近で売りでエントリーを仕掛けます。(ダブルトップはサポートライン付近でエントリー)

しかし、思うようになかなか下がらずに、予想に反して一旦は上昇してきてしまう場面もあるでしょう。

だけど、レジスタンスラインが機能して上昇を抑える形になってそこから再び下降をトライするというパターンがあります。

その中で、値動きがおかしい感じた場合には、エントリーポイント付近で決済し、逃げるという選択肢もありますので、しっかりとルールを決めて掛かれば比較的負けにくいトレードをする事が可能です。

④損切りを巻き込んで相場が走る

ダブルトップを形成した場合というのは、再び相場が上昇しようとしていたということですので、ダブルトップを形成する前の一旦下降したところで買ったトレーダーがいるという事が考えられます。つまり、押し目買いです。

この押し目を狙ったトレーダーがどこに損切りを置くかを考えると、ネックライン近辺と考えるのがセオリーです。

その為、ダブルトップを形成し、そのままネックラインを割り込むと押し目を狙ったトレーダーの損切り「巻き込んで一気に相場が走る可能性もあり、大きな利益を得ることができます。(ダブルボトムの場合は、逆でお考えください)
このように、ダブルトップ、ダブルボトムを知ると非常にトレードに有効な手法であると思います。

<ぷーさん式トレード講座 光~ひかり~を検証>

損切りポイントが明確だということは、損失額が簡単に計算できます。エントリーが遅れてしまって相場が進んでしまい、損切りポイントからエントリーポイントまでの距離が離れすぎてしまうと、その分もし損切りとなった場合の損失額が大きくなってしまいます。
そういったときには、エントリーロットを減らしたり、エントリーそのものを見送る等の判断が必要になります。そういった判断も容易にできるというメリットがあります。
引用 https://www.freestyle2.net/archives/12721#outline__2_1

今回の「プーさん式トレード光」は、優位性という漠然としたものを目でハッキリと見えるようになるためのFXトレード教材です。
人間の心理が作り出している波形を見れば、多くの人が実際にどう動いたか分かります。
インジケータは使わずに、水平線によるライントレードを手法としシンプルな方法ですが、将来にわたって応用性が高いでしょう。
引用 http://mintybbs.blog.fc2.com/blog-entry-71.html

こちらの特典動画はどちらかというと初心者用に作った講義動画とのことで、FX初心者の方であればこの特典動画を見るだけでもかなりの価値があります。
数万の価値があるとも謳っていますので、有益な情報がふんだんに詰め込まれていることは間違いないのではないでしょうか。
引用 http://inv-review.com/fx/tradeflash/

以上

<まとめ>

ぷーさん式シンプルトレード講座 〜光〜は、1つの手法をとことん極めることを目的とした商材です。
FXで勝っている人・稼いでいる人は、決して高度な数学的な分析とか心理分析をしているわけではなく、勝つ確率がある程度高くて、勝った時の値幅が負けた時の値幅よりも平均的に大きいポイントでのトレードをひたすらに繰り返し、それをブラッシュアップしている人だったりします。
ぷーさん式シンプルトレード講座 〜光〜は、そのポイントを習得するための商材と言えます。
裁量トレードですので、トレードのサンプルというのは非常に重要ですし、難しいと言われる裁量トレードの再現性という観点からもサンプルが多いに越したことはありません。
豊富なトレードサンプル、講義というのは、間違いなくぷーさん式シンプルトレード講座 〜光〜のロジックの理解、習得を加速させます。
いずれにしても今作の商材を通して学習することで裁量ノウハウがすぐ身に付くだけでなく、長期的に安定して稼げるようになる可能性は極めて高いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました