みんなでFX 株式会社Trader’s Marketを検証

FX商材

清水デザインです。
みんなでFX 株式会社Trader’s Marketを検証しましょう。

古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun-

運営会社:株式会社Trader’s Market
住所      :なし
電話番号:080-7833-7466
URL   :http://minnade-fx.com/

<みんなでFXのセールスコピー>

“プロが注目しているラインやゾーンを自動抽出”
“プロの機関投資家の間でしか出回らない情報”
“一生かけても入手不可であろうデータを初公開”

<みんなでFXの内容>

古橋弘光さんが実践している手法とは同氏の開発したオリジナルのインジケーターであるRising Sunで相場分析を行うことで機関投資家が大量注文を入れるタイミングを把握でき、効率良くトレードすることが可能となっています。
大量注文が入るということは、そのポイントで大きな値動きが起こることを意味するので、トレードで勝つためには知っておいて損はしません。
その他、トレンドの転換点の把握として、EMA(指数平滑移動平均線)や平均足を利用しますので、半裁量・半システムと考えて良いと思います。
ちなみに、『みんなでFX』では
“午前7時に自動更新されるラインとゾーンを確認する”
“相場がラインやゾーンに触れたタイミングで 何らかの条件に従ってエントリーを行う”
“利益確定・損切りを設定し、決済されるまで待つ”
という簡単な3ステップの手順を実践するだけで月利10%から20%、勝率65%から70%を狙えるようです。
Rising Sunのラインとゾーンを見て機関投資家が注文を入れるタイミングでエントリーするとのことで本商材が裁量手法であることは察しが付くかと思いますが、たったこれだけの作業を繰り返すだけで十分な勝率と利益率が狙えるのであれば、FX初心者でも初月から安定したトレードが実現できそうですね。
また、メインとなる時間足は15分となっていますが、ここ最近出回っている裁量商材の多くがマルチタイムフレーム方式を採用しているので、今回の『みんなでFX』でも15分足とは別に1時間足もしくは4時間足を併用する可能性が高いです。
通貨ペアには特に制限がないため1つに絞ったり複数の通貨ペアを使用するのも可能で、トレードの自由度はそこそこ高いでしょう。
さらに、エントリー時に損切り幅を限定することができるので損失を最小限に食い止めながら利益を得ることができるという点には注目ですね。
予め損失pipsが限定されるのは有り難いですし、ルール通りに実践を繰り返すだけで安定運用も十分可能になるのではないかと思います。

『みんなでFX』を手掛ける古橋弘光さんの経歴が事実なのか否か気になっている方も多いかと思いますが、古橋弘光さんは元々ダイワフューチャーズ株式会社(現在のひまわり証券)やトレイダーズ証券株式会社で長年為替に携わり、退社後はFXで生計を立てながらシステムエンジニアと共にツールやシステム開発を行い、現在ではセミナー活動を精力的に行っているとのことです。
それに、古橋弘光さんは販売ページに自身の個人情報も包み隠さず公開しており『みんなでFX』を公開するにあたり実名を公開している点も高評価です。
巷には経歴や嘘の名前を使用する方がたくさんいますし、中には有名人と似た名前を使用して検索逃れをする極めて悪質な販売者も少なくありません。
そんな中、自身の情報を丸裸にしている時点で古橋弘光さんに対する信用性もアップするので、ここにも参加者へ対する良心的な人柄が垣間見えます。
ですので、他の悪質な販売者と比較すると古橋弘光さんの経歴は嘘ではなく本物の情報を提供できる誠実な人物ではないでしょうか。

<みんなでFXを検証>

・機関投資家としてトレードを行っている人は、どのポイントで大量にオーダーが入るのかを常に把握し、次の値動きを把握した上でリスクを限定してトレードを行っている
・世の中に氾濫するFX商材は、チャートを形成する大口オーダーに全く目もくれず、チャートを見ながら小手先でトレードをしているものが殆ど
といった違いを挙げ、この理由については、個人投資家レベルでは、そもそも機関投資家が把握しているポイントを把握する事が出来ないからだと言っていますね。
引用 http://www.sobahaku.jp/fx%E6%8A%95%E8%B3%87%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%BB%E8%A9%95%E5%88%A4/%E5%8F%A4%E6%A9%8B%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%80%8C%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%A7fx%E3%80%8D%E3%81%AE%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%A8%E8%A9%95%E5%88%A4/

しかも、実績で謳われている数字を見ても
“年間2,339万円、勝率67.3%、平均月利14.1%”
と現実的な数字しか掲載されていません。
巷では数字だけで構成されたものを掲載して実績だと豪語するFX販売者が多く存在しますが、
正直な話パソコンのスキルがあれば誰でも作成可能なものを堂々と見せつけられたところで信ぴょう性は全くありません。
ですので、長期間のトレード履歴を公開している古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun-の実績はそれなりに信ぴょう性が高いと言えるので、古橋弘光氏の決めたルール通りに実践すれば
彼と同等の利益率を得ることが十分可能ということです。
引用 http://www.cash-de-cash.com/fx/fhsprdmrz/

しかも、ねつ造しようのない公的な身分証を販売ページに堂々と掲載している点から古橋弘光氏が巷の講師のように偽名を使うのではなくあくまでも実名で素性を明かしている点は好感が持てますね。
引用 http://fx-kenshow.net/archives/3560

以上

<まとめ>

前日の値動き(高値・安値)を基準に当日の支持帯や抵抗帯を割り出して仕掛けのタイミングを取るベーシックな手法です。
新鮮さはないが比較的なじみやすいロジックは初心者向きです。
ツールの使い勝手も悪くないでしょう。
販売ページにはロジックや明確な実績がしっかり公開され古橋弘光氏の経歴や素性も包み隠さず暴露されているので、ここ最近のFX販売者の中でも特に信用のおける人物だという印象を受けました。
ライントレードの重要なポイントは、むやみに自己流にアレンジなどしないで他の人々と同じ計算式で算出したラインであることです。変にアレンジすれば、その他大勢と違うラインを意識することになってしまい、ライントレードの意味がなくなるからです。つまり「みんなでFX -Rising Sun-」がライントレード(ゾーントレード)であるならば、インジケーターが描写するラインは、ベーシックでなければならないのです。
結局、ライントレードを基本ロジックとするFX商材は、どれも似たり寄ったりになってしまうのですね。違いを出すことが難しく、違いを出そうとすれば優位性が損なわれてしまうのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました