トレンド・ディスカバリーFX クロスリテイリング株式会社を検証

FX商材

清水デザインです。
トレンド・ディスカバリーFX クロスリテイリング株式会社を検証しましょう。

販売者名・・・クロスリテイリング株式会社 松野有希
住所・・・・・東京都千代田区神田神保町1-5-1-6F
電話番号・・・03-5244-5377(購入前の電話相談は03-5244-5344、平日11時~18時)
URL・・・・・http://discovery-fx.s3.amazonaws.com/top/main.html

<トレンド・ディスカバリーFXのセールスコピー>

【特徴1】勝率80~90%
【特徴2】月利100%の利益実績
【特徴3】未来予測ロジック
【特徴4】誰もが年収3000万円を目指せる

<トレンド・ディスカバリーFXの内容>

トレンド・ディスカバリーFXでも、各通貨間の強弱を精査することで、今仕掛けるべき通貨ペアを絞り込んでいきます。ここがこの商材の最大のポイントです。
つまり勢いのある通貨のトレンドに乗る!ということです。この相場観(戦略)がベースとしてあり、そのうえに具体的な仕掛けのロジック(戦術)が乗っかっているわけです。
さて気になるロジックですが、大きく2つあります。
ボリバン押し目・戻りで仕掛けエクスパンションに乗っかる
ラインブレイク後トレーリングストップで利益を追いかける
意外とシンプルですね。
1.ボリバン押し目・戻りで仕掛けエクスパンションに乗っかる
まずはボリバンブレイクです。ボリンジャーバンドのスクイーズ状態(バンドが閉じた状態)から押し目・戻りで仕掛けます。エクスパンション(バンドの急拡大)狙いですね。
手仕舞いはフィボナッチ・エクスパンションと呼ばれるインジケーターを使用します。ちなみにフィボエクスパンションはMT4のデフォルトで表示させることができます。フィボ・エクスパンションによって次の高値(の目安)を定め、タッチで手仕舞いとなります。
とてもベーシックなロジックです。
2.ラインブレイク後トレーリングストップで利益を追いかける
もう一つのロジックはトレンドラインを逆抜けで仕掛ける手法です。インジケーターは一切使用しません。チャートに引いたラインのみでトレードをおこないます。手仕舞いにはトレーリングストップを活用し、極力トレンドに乗っかって利益を伸ばしていくスタイルとなります。

<トレンド・ディスカバリーFXを検証>

手法としては王道的で目新しさは無い。
環境認識をしっかりと行うことができれば、
それなりに良い結果は期待できるだろう。
ただ、裁量手法なので初心者の方だと
結果を出すまでに時間がかかると思う。
イメージ的には中級者レベルのトレーダー向けという印象だ。
引用 http://fxjudge.net/archives/3328

サインツールなどに頼ることなく
裁量判断のみでトレードしていく手法ですので
習得するまでにはそれなりに努力は必要ですが
かなり堅実なロジックの為、
一度マスターしてしまえば今後重宝するでしょう。
引用 http://inv-review.com/fx/crstdkab/

関野さんも同様に、過去の商材を見ると、ラインをとても重要視されていました。環境認識もラインを使われましたし、エントリータイミングを計る時にもラインを使われていました。特にサポレジ転換を使って、よくエントリーされていたと思います。それがなぜ今回は、一切出てこなくなってしまったのか?は、大きな疑問です。
引用 https://review.jp/discoveryfx/

以上

<まとめ>

トレンド・ディスカバリーFX、悪くありません。
真剣に関野典良氏の裁量手法を学びたい
という方にとっては
有意義なFX商材であることは間違いないでしょう。
だた、これからトレンド・ディスカバリーFXを
購入する方に一点だけ気を付けてほしいのが
過度な期待は禁物ということです。
レターでは勝率8~9割、月利100%と謳われていますが
他のクロスリテイリング株式会社のFX商材と同様に
トレンド・ディスカバリーFXでも
明確なフォワード実績は開示されていません。
もちろん、手法としては説得力がありますから
マスターできればしっかりと結果はついてくるはずです。
ですが、関野典良氏自身、この手法で勝ち続けている
という証拠を公開していない以上、
誰でもこれだけの好成績を期待できる手法だとは
思わないほうが良いということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました