ペンデュラム 合同会社ギムレーを検証

FX商材

清水デザインです。
ペンデュラム 合同会社ギムレーを検証しましょう。

販売者    合同会社ギムレー
住所       東京都新宿区若葉町一丁目12番地4 カーサ四谷106号室
電話番号 03-4530-6868
URL    http://pendulum1.net/pdm_lp1/

<ペンデュラムのセールスコピー>

ご存知でしょうか?
「負けないFX」で
ボロ儲けしてる人がいるんです!
毎日+1万円投資術永久利用OK
専属アドバイザーがマンツーマン指導
3本線を引くだけ圧倒的なかんたんさ
月収手取り11.5万
たった2ヶ月だけご利用いただいたら
月収32万

<ペンデュラムの内容>

ライティングページに「新感覚DELUXE-FX」という文字が書かれていたので
ビジネスモデルはFXであることが予想されます。
今回のキャッチコピーにあるラインについては
FXの相場チャートに関する水平ラインやトレンドライン、移動平均線などを意味していると思います。
FXのトレードには様々なトレードがありますが今回のトレードについてはデイトレードやスキャルピングに関する手法になります。

<ペンデュラムを検証>

ランディングページでは14日間で毎日1万円と記載されています。
つまり14日間モニターとして参加していれば合計14万を稼げると言うことになるわけですが、
先述した通りビジネスモデルはFXです。
日給1万円クラスを稼ぎだすとなれば多額の軍資金は必要になります。
それが用意できるのであれば1日1万円を稼ぎだす事は可能かもしれませんが、
モニター期間が14日間なので、14日間で投資した軍資金を回収する事は難しいんじゃないかと思います。
下手すれば赤字ですね…。
引用 https://toshiaki-direct.com/jouhoushouzai/pendulum.html#_Pendulum

3本線を引いただけで稼げるなんてそんなわけないですよね。
この石田さんはライントレードについて勘違いしているんじゃないかと思いますが、ライントレードで引くラインは、あくまでも目安であって、それが必ずトレードチャンスかどうなんかはわかりません。
だから、そのタイミングが正しいのかどうかを判断するために経験と相場勘が必要だという事です。
しかも、絶対に思ったように値動きする訳でもないし、逆に行く事だって良くありますから。
それを、スマホアプリを入れて線を引いただけで毎日稼げるようなイメージを持たせてる時点でアウトですね。
引用 https://sakatafukugyo.com/ishida-pendulum/

石田進ノ助氏について評判や口コミを調べて見ましたが、情報は出てきませんでした。
石田進ノ助氏は、今回が初めてオファーを出すようです。募集は第7回と言うことですが、過去の募集の情報は一切出ていません。ドメインの取得が2019/01/31 だったので本当にも修しているのであれば、月1回のペースで募集している計算です。それなのに情報が一切ないことから実績詐称の可能性が高いです。
詳しい実績が分かりませんので、自らが人柱にならずに、人柱は他に任せて実績が出てから参加するのが無難です。
こういったオファーは最終的にはコンテンツの販売がありますので、購入するのは慎重になることをおすすめします。
引用 https://money-designing.com/pendulum

以上

<まとめ>

ペンデュラムは半自動化の様な放置プレーで、毎日1万円稼げるというのがセールスポイントですが、その毎日1万円を稼ぐために最初に必要な軍資金がいくら必要で、どのくらいのロット数で取引するのかが明確になっていません。
他者のFXと比較して資金量も1/3であるとは言っていますが、他社のFXというかいくらを基準にして1/3あれば良いと言っているのでしょうか?
また、ペンデュラムは三本のラインを引くことによって利確できる、と触れていますが、ラインを引けば相場が見やすくなることは確かです。「FX ゴールデンクロス」などのワードで検索すれば買い時のタイミングを知らせる見方、ツールの使い方も調べることができます。一方で、トレードするのは自動売買システムですから、ラインをどう活用するのか?という部分が不透明なままです。裁量トレードであれば理解できるのですが、なぜ自動売買システムと組み合わせているのか、謎です(販売者がラインの使い方を理解していない可能性もあります)。
また、今回のオファーについては確実といっていいほど有料の高額オファーが待ち受けています。稼げるものならよいですが、実績者を偽るようなオファーをしている商品に高額なお金を払うのは危険かなというのが個人的な意見です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました