ミリオネア・トレードFX クロスリテイリング株式会社を検証

FX商材

清水デザインです。
ミリオネア・トレードFX クロスリテイリング株式会社を検証しましょう。

販売会社 クロスリテイリング株式会社
住所       東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル12F
電話番号 03-5244-5377
販売URL http://cross-service.jp/info/millitre/index.php?mode=lp

<ミリオネア・トレードFXのセールスコピー>

ミリオネア(資産1億円)を目指す全てのFXトレーダーへ。たった1回のトレードで、
100万円、200万円の利益は当たり前!?

プロトレーダーが絶句した、資産1億円ミリオネアへの登竜門

トレンドから次々と大金を稼ぎ出す新ロジック。

そして、初めて明かされる利益最大化の3つのツールを公開します!

<ミリオネア・トレードFXの内容>

『ミリオネア・トレードFX』ではトレンドフォローの半裁量のシステムトレード手法です。
3つのツールでエントリーや決済のタイミングが計れるので初心者でもすぐに勝てるようになると思われますが、裁量が一切不要とはどこにも記載されていないので実際には裁量の要素も必要になります。

そして『ミリオネア・トレードFX』は4時間足メインで移動平均線とパラボリックを使用することからグランビルの法則に基づいたスイングトレード手法を行っていきます。

ただ、クロスリテイリング株式会社の過去商材から見ても、手法ロジックの詳細が完全に明かされていません。
つまり、今作の『ミリオネア・トレードFX』も過去商材と同じようにロジックの詳細までは不明ということです。

しかし、パラボリックには
“レンジ相場に非常に弱い”
“スイングトレードにはあまり向かない”という特徴があります。
パラボリックで最も気を付けなければならないのがローソク足の形成途中にシグナルの方向が変わってしまうということです。
しかも、パラボリックにはリペイントが頻繁に起こるのでチャートを注意深く観察していなければならず、短時間足のスキャルピングやデイトレード向きであるということです。

パラボリックはドテンを行う場合に多く用いられるので『ミリオネア・トレードFX』ではドテンを行うことが予想されますが、勝ち負けを繰り返すことになるので販売ページに記載しているだけの結果は期待できないでしょう。

パラボリックを使用する上ではそれなりにデメリットが多く存在するわけですが、『ミリオネア・トレードFX』にはパラボリックのレンジ相場に弱いという特徴を3つのツールでカバーしています。
3つのツールとは
・トレンドメーター
・マルチタイムパラボリック
・Wトレンドサーチ

となっており、トレンドの強弱を表すメーターや複数の時間足を表示することによりより大きな利益を生み出すことが可能となっています。
またWトレンドサーチで相場の方向性を読み取ることで勝率の大幅アップが望めるとのことで、これらは全てレンジ相場特有のダマシを回避するのに必要不可欠だと謳われています。

確かにレンジ相場ではダマシが発生しやすく、すなわちトレンドフォローの弱点と言えるのでツールによってダマシに遭う回数を減らせるのは嬉しいですが、パラボリックのデメリットの多さを考えた時に必ずしもデメリットを全て解消できるわけではないでしょう。

などのデメリットがあることから堅実に利益を積み重ねていくことが難しいのかと思いきや、ダイスケ氏が開発した3つのツールの使用によりトレンドフォローの弱点とも言えるダマシを少なくしトレンドを明確に判断できることが可能です。

今、挙げたテクニカル指標やツールを使いこなすには初心者程度の裁量のスキルが要求されるのでダイスケ氏がこの手法で現在も勝ち続けているとしても初心者が彼と同じように勝てるとは言い切れません。
ようは、手法の優位性はそれなりい高いものの再現性の面においては疑問が残ります。

仮に同氏がこの手法で勝てているならば販売ページにも信ぴょう性の高い実績を公開するはずなのに、残念ながら通貨ペアごとの獲得pipsやエントリー・決済日が公開されているだけでlot数などは全く明かされていないので決して明確なトレード実績とは呼べません。

トレード実績以外にも5lotで運用した際の獲得利益がチャート画像と共に掲載されていますが、全て勝ちトレードで負けトレードは一切掲載されておらずロジックに当てはまった箇所だけを切り抜き勝てる手法のように魅せていると言わざるを得ません。
つまり、この実績も全くアテにあらず信ぴょう性はかなり低いと言っても過言ではありません。

<ミリオネア・トレードFXを検証>

確かにレンジ相場ではダマシが発生しやすくトレンドフォローの弱点と言えるのでツールによってダマシに遭う回数を減らせるのは嬉しいですが、パラボリックのデメリットの多さを考えた時に必ずしもデメリットを全て解消できるとは思えませんね。
引用 http://fx-kenshow.net/archives/2811

悪名高い、クロスリティリング社がプロデュース
FX商材界の吉本であるクロスリティリング社はいつも、笑い(苦笑)のとれるFX商材販売とランディング・ぺ―ジです。
今回の商材『『ミリオネア・トレードFX 』』の特典16個~
良いか悪いかは別として、広告が上手なことは間違いありません。
業界トップクラスのFX販売業者です。
クロス商材をリピートする購入者の多さには驚きを隠せませんが本物に出会うことは、決して無いでしょう…。
引用 https://sensitea.org/blog/post-2093

このミリオネア・トレードFXは、毎年6000万円稼いでいるダイスケさんの「ガチの手法」ということで(ダイスケさんはこれ以外のロジックを販売していない)、安心して使えるロジックです。
ロジックの有用性は、前作トレンドストライクを学んだ方には、良くお分かりの部分と思います。2016年のような動きのある相場では数100pipsの利益を連発していますね。
今回はダマシ対策がより充実された形となったので、トレンドストライクをメイン手法にしている方には、今回の改訂がかなり有益となるでしょう。
引用 https://fx-syuhou.biz/archives/7043

以上

<まとめ>

移動平均線とパラボリックを使用し、パラボリックのデメリットを補うために開発された3つのツールを使用してエントリー・決済を行うとのことでそれなりに優位性の高い手法なのかも知れませんが、実践者全員が確実に勝てるかは別の話です。
それなりに勝てるという根拠があるのならロジックの詳細やフォワード実績を販売ページにも堂々と公開しているはずですが、残念ながらそういったものはほとんど掲載されていません。
いくらシンプルで王道的なロジックがいいといっても、 そのベースとなる手法に有効性がなければ意味はありません。
トレンド相場では、うまく機能しても当然ながら、レンジ相場では機能しないしオリジナルツールを用いることでレンジ相場特有のダマシ回避に、有効だと謳われていますがパラボリックのデメリットを考慮すると必ずしも解消できるとは言えません。
この商材の難点としては、今回追加された「トレンドサーチ」等のツールは、チャートを見ることで初めて意味のあるツールとなりますので、忙しくてあまり画面をみれない方には活用しにくいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました