ロジカルFX アクティブコンテンツ株式会社を検証

FX商材

清水デザインです。
ロジカルFX アクティブコンテンツ株式会社を検証しましょう。

ロジカルFX 中橋圭一 またこうゆう商材か。。。 辛口レビュー

販売者    アクティブコンテンツ株式会社
住所       北海道旭川市神居2条3丁目2-15
電話番号 0166-73-7798
URL       http://www.logicalfx.com/info/

<ロジカルFXのセールスコピー>

マンハッタンの金融業界に身を置き、多くの投資銀行、ヘッジファンドの敏腕トレーダー達から知った事実…
今からこの手紙でお伝えする事は、机上の空論でもなければ、
「私が上手くいっているから、あなたも上手くいくはずだ!」という根拠に乏しい単なる経験談でもありません。
私がマンハッタンの外資系コンサルティングファームに勤めていた時に親しくなった、
世界的にもトップクラスのプロトレーダー達が、今も昔も、そしてこれからも愛用していくであろう
「FXにおける波の普遍原理」についてです。
年間数百億円という巨額の利益を獲得し続ける彼らは当時、口を揃えて「波の重要性」を語りました。
同時に、インジケーターを使った手法がいかに非効率的で危険かという事も…
そして、彼らに従事して知り得た情報をもとに構築した独自の水平線理論によって、
私は現在、勝率8割以上、年間8,000PIPSを越える成績を収めています。

<ロジカルFXの内容>

論理的に「波の止まり」を的確に予想。
水平線のみでシンプルに相場に勝ち続けるための
賞味期限の無いFX教材遂に登場!
この方程式を理解し、身に付ける事さえできれば
あなたのチャート上のインジケーターは、
全て不要になります。

<ロジカルFXを検証>

評価としては、このテキストが、「執筆者である小林さんが、どうトレードしているか」に終始しており、「教材で学んだ方が、今後何をどうすれば良いか」という視点が抜け落ちているため、低い評価としました。
教材には「このパターンを、まずはそのまま練習してくれ」という明確さがないと、再現できず、使えこなせないと私は考えます。
相場の多種多様な動きはありつつも、1つの鉄板パターン、トレードルール、ロジック、というものに落とし込まないと、結局「後からどうとでも意味づけが出来る」からです。
その点で、本テキストについては、昔ながらの裁量教材にありがちの「もやもや感」があり、読後に何か得るものがあったかというと、「うーん」という感じがします。
引用 https://fx-syuhou.biz/archives/9615

小林氏を知っているという人の話で、私は裏は取ってませんが、
公表している米国の大学卒とかファンドに在籍していた
との経歴は事実ではないとの事でした。
そして塾で勝っている少数の方も実はサクラとか・・・。
こういう話が出る位なので、検討されている方は十分注意された
方が良いと思います。
引用 http://www.info-bonbon.com/investment/logicalfx.html

「あなたがFX未経験者~初心者の場合、
このページを読むだけで大きなメリットが得られる筈です。」
などと「都合の良いことばかり」をアピールしていますが、
「特定商取引法に基づく表記」を確認すると
「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」
「場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。」
などと書かれています。
引用 http://info-answer.com/syosinnsya-78/

以上

<まとめ>

とにかく、堅実硬派な手法ではないでしょうか。
基礎の基礎から学習し、自力で波の動きを読めるようになり
的確なエントリー、イグジットの判断能力を
身に付けることを目的としているのがロジカルFXです。
加えて、公開されている“実践トレード動画”では
講師である小林良治氏のリアル取引を確認できるため、
エントリーからイグジットまでの流れを
体感的に学んでいけるという点も魅力的です。
ただ、私個人の意見としては、
ロジカルFXのレターページは
“若干説明が足りない”という印象を受けました。
確かに、このレターページの中で小林良治氏が
仰っていることは間違っていませんし
むしろ、非常に利に適っていると言えます。
ですが、手法ロジックに関する部分の説明が
もう少しあってもよかったのではないかと思います。
その方が、あまりFXの経験が無い方でも
手法のイメージをつけやすいですし、
ある程度の背景を予想することができます。
また、レターページのデザインも
かなり控えめなデザインとなっているため
スルーしてしまっている方も多いのではないでしょうか。
実際に、あまり話題になっていませんし、
今の段階では注目している方も少ないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました