億トレFX 株式会社Fiedを検証

FX商材

清水デザインです。
億トレFX 株式会社Fiedを検証しましょう。

運営会社:株式会社Fied
住所      :〒141-0031 東京都品川区西五反田2-6-3 東洋ビル3階
電話番号:03-5496-8119
URL   :http://okutorefx.biz/info/

<億トレFXのセールスコピー>

「1日わずか30分」「全てスマホで完結」
「パソコンに張り付く必要無し」
わずか7日間、1日1時間程度で
資金を100倍にし「億」を獲得する
“生産性の高い”新スタイルトレード手法をマスターする

<億トレFXの内容>

『億トレFX』はトレンドフォローのデイトレード手法となっており、移動平均線とボリンジャーバンドをメインで使用し補助的な役割で水平線を用いる王道の手法です。

移動平均線とボリンジャーバンドというメジャーなテクニカル指標を用いて相場分析を行うのでここだけに着目すれば至って堅実的な手法でしょう。
しかし、ロジックについては全く解説されていないのでどのような考えに基づいてトレードを行っているのか現時点では全くの不明としか言いようがありません。

『億トレFX』ではリスクリワード1:10(最低でも1:5)ということで、この損益比率がもしも事実であれば、高確率で損小利大を実現できることになります。
また、Kei(原啓司)氏は1回5分程度チャートを確認しパソコンを使わずスマホでトレードしているとのことから、1日あたりのトレード時間はわずか30分で完結するといわれています。

『億トレFX』には下記のルールが設けられており、
1.決められた時間に相場を確認し、 エントリーor見送りを決める
2.エントリーしたら指値、逆指値を入れる
3.あとはほったらかしで決済が終わるのを待つ
という実にシンプルな3つの手順を繰り返すだけで月利10%以上の安定した利益を得られると記載しています。
これらの説明を見てもお分かりの通り、Kei(原啓司)氏が提唱する手法は極めてシンプルなのでFX初心者でも簡単に実践できそうに感じるかも知れせん。
つまり、『億トレFX』はFXの経験が浅い初心者を主なターゲットにしていることが分かります。

ところで、Kei(原啓司)氏は投資専門雑誌である「Big Tomorrow」で度々特集を組まれる他、FXセミナーや個人コンサルなど幅広い活躍をされているトレーダーなので、彼の名前を一度は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

そんな同氏ですが、短期間のトレードで5万円の資金を6,000万円に増やした実績を持ち、現在では億単位の運用を行うプロトレーダーとしてFX業界内でも知られている人物です。
加えて、全国各地でセミナーやコンサルティングを行いこれまでに合計600名以上の生徒に自身の手法を指導してきた経緯があるようです。
それだけの実績があるトレーダーが手掛けるFX商材ならばそれなりに期待できると思われている方もいるかと思いますが販売ページを閲覧したところ、正直言って
“数字や文言が少々盛りすぎかな?”
と思える節が多々あるので、謳い文句を鵜呑みにして購入を決断するのはどうかと思います。

『億トレFX』では、計8時間以上に及ぶシークレットセミナーの様子をマニュアル化したものとなっています。

さらに『億トレFX』では、短期間でトレードスキルを向上させる計4点のダイヤモンド特典が用意されています。
特典1:1回1時間のプライベートコンサルを1枠無料プレゼント
特典2:180日間回数無制限のメールサポート
特典3:ウイークリー相場ニュースレター(週1回配信予定)
特典4:シークレットセミナー参加権利
このように『億トレFX』参加者には同氏が行っているプライベートコンサルやシークレットセミナーに無料で参加できるとのことです。
それなりに魅力的なコンテンツと思いますが、メールサポートや週1回のニュースレター配信をわざわざ特典として価値を高める意味はないでしょう。

同氏がFX業界内で知名度を誇る人物なだけに、『億トレFX』にも大きな期待を抱いている方が多いと思いますが、今回の『億トレFX』のカリキュラムは過去のセミナーをマニュアル化しただけですし特別目新しさはありません。

まぁ、中には
“他のFX商材よりも安くで購入できる”
“FX業界でも名の知れたプロが手掛けているから安心”
という、くだらない理由で『億トレFX』の購入判断を行っている方もいるようですが、前回の高額塾に参加した方の評判が悪いという評価から、わざわざお金を支払ってまで実践する価値があるとは思えません。
同氏のネームバリューだけで『億トレFX』を購入しようと考えている方は一旦立ち止まって慎重に判断しましょう。

<億トレFXを検証>

原啓司さんの説明が下手な理由
(その1)語尾に必ず「~でね、でね」と付ける
(その2)「その説明さっきもしたやろ」という場面が多々ある
(その3)モゴモゴ喋るんで聞き取りづらい
以上の3つが、原さんのセミナーに参加した時に感じたことです。
結果、講師としてはイマイチという結論に至りました。
引用 http://www.info-bonbon.com/investment/f7ds0tre.html

FX初心者が彼と同じ手法を実践したところで全員が全員謳われているだけの結果を
短期間で出せるかどうかは判断できません。
つまり、まともな手法なのは間違いありませんが再現性の面においてやや不安が残るわけです。
引用 http://inv-review.com/tag/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BEfied/

しかし特定商法取引に関する記述の「表現・商品に関する注意」には、「本商品に示された表現や再現性には個人差が若干あり、必ずしも儲けを100%保証したものではございません。」とあり、どちらの言葉を信用すべきか判断に迷う部分もあります。
何人が実践して、何人が利益を出しているのかという事についても、具体的な数字で示してほしいですね。
引用 http://www.sobahaku.jp/fx%e6%8a%95%e8%b3%87%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%bb%e8%a9%95%e5%88%a4/%e5%84%84%e3%83%88%e3%83%acfx%e3%81%ae%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%81%a8%e8%a9%95%e5%88%a4/

以上

<まとめ>

億トレFXではトレンドフォローをベースとしたデイトレード、そしてその中でも移動平均線やボリンジャーバンドをメインで使用しサブ的な役割として水平線を用いるライントレードを学べるとのことでそれなりにまともな手法だと言えるわけですが、インジケーターを使用しないと明言した後にメジャーなテクニカル指標の存在を明らかにしたり、レターの所々でおかしな箇所が見受けられることから全体を通じて納得できる点が少ないのは気がかりです。
また、販売ページには
“インジケーターを一切使わない”
と謳っていながらテクニカル指標を使っているため明らかに矛盾していますよね…。
テクニカル指標をメインで使用すると断言しているだけにKei(原啓司)氏のインジケーター不要発言には“この人は本当に大丈夫なんだろうか?”と、個人的に違和感を覚えたことは言うまでもありません。
「Big Tomorrow」で度々特集を組まれFX業界でもそこそこ知名度が高いトレーダーが手掛けているFX商材だからという理由だけで急いで購入する必要はないだろうというのが私の見解です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました