黄金株発掘法 株式会社グロースアドバイザーズを検証

株式投資商材

清水デザインです。
黄金株発掘法 株式会社グロースアドバイザーズを検証しましょう。

黄金株発掘法 小澤正治

販売会社 株式会社グロースアドバイザーズ
住所  東京都中央区日本橋茅場町3-13-6 第二日高ビル4階
電話番号 03-6661-6423
URL http://mdse.growth-advisors.jp/goldStock/itop/?aid=238

<黄金株発掘法のセールスコピー>

投資家なら誰もが上昇する前の銘柄を仕込みたい!と思っていることでしょう。
しかし、まったく値動きのない銘柄ですから、テクニカル分析では到底事前に仕込むことはできません。
値動きがなければRSIもストキャスティクスもMACDも、買いのサインを出してくれないのです。
では、どうすれば誰もが望む「眠っている黄金株」を発掘することができるのでしょうか?

<黄金株発掘法の内容>

株価とは「企業の価値」です。
今の企業の価値はいくらなのか?これを表したのが株価なのです。
株を買えば株主になり、大量に買えばその企業を買収することができます。
だから、あまりに簡単に買収できるような安い価値にはなりません。
トヨタを買収するために必要な金額が、テクニカルだけで決まるはずはありませんから、企業が持つ収益力やブランドや資産から、かけ離れた株価にはなりません。
つまり、企業の価値を表す「株価」を決めているものは、本質的にはファンダメンタルでしかないのです。
黄金株発掘法は、その名の通りファンダメンタルという企業の価値から、割安な株価で眠っている「黄金株」を発掘する手法です。
自らの手で黄金株を見つけたときの興奮と、買ったあと実際に上昇していったときに得られる喜びは、株式投資の醍醐味と言えるでしょう。
「黄金株発掘法」は、個人投資家の皆さんがファンダメンタルを元にして銘柄を選び出せるように作成したマニュアルです。
株価は企業の価値だと分かっていても、難しそうだから……と敬遠していたあなたにこそ、「黄金株発掘法」が役に立つことでしょう。

<黄金株発掘法を検証>

まあまあ、株式トレーダーとしては、
そこそこ有名みたいですが、
過去に、小澤氏が代表をしてる、
株式会社グロースアドバイザーズは、
「証券取引等監視委員会」より
行政処分を下されていますわ!
引用 https://infoakkun.com/akansagi/hairukachinashi/growthadvisorsozawa/

ちなみに、嵌め込みとは、仕手筋、投資顧問、証券会社などが保有していている株で、
どうしても売りたい株を、売れ残りが出ないように、
必ず上がるなどと言って、自社の顧客(個人投資家)のニーズは考えずに
自社都合で営業販売し、一般投資家を騙し高値で買わせる行為などです。
「株とまと」で検索してみれば壮大な歴史が見えます。
まぁ、株の世界は色々と有るんですよ。
「銘柄」自体を紹介しない今回は良しとしましょう。
銘柄そのものを紹介する「嵌め込み」業者も多いですからね。
今回は抽出方法と言うか、「見つけ方」の指南のようなので。
管理人的には2980円で勧誘してる時点で「草」ですが。
引用 http://bakuroking.com/11230

無料コンテンツはまさかの使い回しでしたね。メルマガも有料レポートの宣伝のみが行われているだけのものです。有料コンテンツに関しては、昔からある手法をさもオリジナルの投資法として販売しているように見えます。
引用 https://kabu-uwasa.com/s/7431#315

以上

<まとめ>

この案件のセールスレターには、
どんなに急騰する銘柄にも、騰がる前の状態があり、
この上昇前のタイミングの黄金株を見つけ出す方法を紹介
とされています。
黄金株発掘法では今現在眠っている急騰するであろう銘柄を、
黄金株として見つけ出す方法を紹介しているのです。
具体的には、ファンダメンタルを元に、
個人投資家でも銘柄を選出できるように作成したマニュアルを
商材として販売しています。
このマニュアルの特徴としては、
・さまざまな目標株価(論理株価)の算出の方法を解説。
・安定株・ 割安株・成長株という3つのパターンの銘柄を抽出する。
自分の投資スタンスや好みに合わせて銘柄を抽出する方法について解説。
・オリジナルの「理論株価計算シート」を基に論理株価の計算。
1銘柄に付き2~3分でOK。
と、上記のような内容が記載されています。
ただ、このマニュアルですが、PDFデータ、冊子になっていて、
ページ数はたったの85ページしかありません。
これだけの少ない情報量で、黄金株がちゃんと見つけ出せるのか疑問です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました