Go!Go!!スキャルFX クロスリテイリング株式会社を検証

FX商材

清水デザインです。
Go!Go!!スキャルFX クロスリテイリング株式会社を検証しましょう。

本田浩輝 Go!Go!!スキャルFX

【販売者】クロスリテイリング株式会社
【所在地】東京都墨田区錦糸1丁目2−1アルカセントラル12F
【電 話】03-5244-5337
【URL】http://new-scal.s3.amazonaws.com/goscal/top/it.html

<Go!Go!!スキャルFXのセールスコピー>

  • 相場が3分進むごとに利益が積みあがっていく
  • 驚異の1分足スキャルロジック
  • エントリーチャンス1日平均300回 勝率92%

<Go!Go!!スキャルFXの内容>

きっかり3分後に自動決済する1分足スキャルツール(インジケーター)
『Go!Go!!スキャルFX』は、エントリーして3分後に自動決済を行う1分足スキャルピングです。
いわゆる時間決済というアイデアは、ブレイクアウト等によく用いられますね。とはいえ、今回はなんと「3分後」です。
はたして3分後自動決済がロジックとして優位性を持ち得るのか?疑問に感じるユーザーも少なくないでしょう。
基本は、”サイン通りにENTRY&3分後自動決済”
『Go!Go!!スキャルFX』はチャート上に現れるサイン(矢印)に従ってエントリーし3分後に決済するというシンプルな手法です。決済は決済ツールを使って自動化します。
メインロジックは順張りと逆張りであり、サイン通りにトレードするため無裁量です。
『Go!Go!!スキャルFX』のロジックが組み込まれたオリジナル・インジケーターが付属しており、そのツールが表示させるサインに従ってトレードを行います。
『Go!Go!!スキャルFX』には2つのオリジナルインジケーターと、3つのベーシックインジケーターで構成されています
■2つのオリジナル・インジケーター
Victory Light(ビクトリーライト)
自動決済ツール
■3つのベーシックインジケーター
ボリンジャーバンド
RSI
一目均衡表
Victory Light(ビクトリーライト)はボリバンのエクスパンション(収縮からの拡大)を見定めるためのオリジナル・インジケーターです。サインが点灯するとはいえ、そこに裁量判断を加えて、シグナルの取捨選択を行います。フィルターにはRSIを利用します。
もう一つのインジケーターは自動決済ツールです。3分後(ローソク足3本完成後)にポジョションを自動で決済してくれるツールです。
推奨通貨ペアは以下の4つ。
USD/JPY(ドル円)
EUR/JPY(ユーロ円)
GBP/JPY(ポンド円)
EUR/USD(ユーロドル)
ボリバンのエクスパンション(収斂から拡大)の”初速”を狙い撃ちする
さらに『Go!Go!!スキャルFX』のトレード確度を高めるための3つの裏技(裁量手法)が用意されています。裏技(裁量ロジック)は、3つあります。
ボリバンのエクスパンション初速を狙う
一目を活用したトレンド追随トレード
レンジでの逆張り(カウンタートレード)
メイン手法は、いわゆるボリバンのスクイーズ(収斂)からエクスパンション(拡大)を狙い撃ちするトレンドフォローです。ブレイクアウトの初速を狙うとも言いかえられますね。
2番めの手法は一目均衡表を活用した、トレンド追随トレードです。ビッグトレンド発生時に、その勢いに後乗りする手法です。
3つ目の手法は、レンジ相場におけるカウンタートレード(逆張り)です。1番目の手法と同じくボリバンを活用してレンジを見極めます。
これらの3つの裏技(裁量判断)を加えることで、より高確度のトレードが可能になるとされています。

<Go!Go!!スキャルFXを検証>

購入しました。
ビックリするくらい負けます・・・
マニュアル通りの裁量を入れてエントリーをかなり絞ってますがそれでも負けます。
会員ページも充実度はかなり、低く、
実際のトレード動画のページも「しばらくお待ちください」となっていて
中身の薄い教材というのは否めません。
引用 http://www.info-bonbon.com/investment/sca55hnd.html

乱高下を繰り返す1分足において、3分後に利益を確実に出すことは、想像以上に困難です。きっかり3分後にスプレッドを上回る利益が乗っているかどうかなど、神のみぞしる…という感じです。せっかく優位性のあるポイントでエントリーしても、3分後にスプレッドを超える利益が乗ってプラスに転じているかどうかなど予測不可能です。
引用 https://fxinspect.com/archives/19820

ツールの優位性が証明されておらず、
フォワード実績も非公開、
それでいて損切りしないことを推奨している。
個人的には理解できない部分が多すぎるFX商材です。
引用 http://inv-review.com/fx/4hngo2/

以上

<まとめ>

”時間決済”にこだわるあまりにENTRYロジックの優位性を失ってしまった感があり、もったいないと思います。
トレーダーにとって最大の武器(戦略)である”時間の選択”をあえて放棄して制約を設けることにどのような意味があるのか?
『Go!Go!!スキャルFX』は、”時間決済”という特性を持つ異色のFX商材です。しかしながらローソク足3本で決済することの必然性がどうしても感じられません。
どうしてそんな難しことにあえて挑戦するのでしょうか?”時間選択”はトレーダーに与えられた最大の武器(戦略)です。その武器(戦略)をあえて放棄し、自ら制約(制限)を設けることの意味がわかりません。まさにゲームでいうところの”縛りプレイ”です。
ENTRYロジック(3つの裏技=裁量)は、決して悪くありません。そのロジックを活かして利益を最大化するためにも”時間縛り”は取っ払うべきではないかと考えます。3分後決済に拘るあまりに、本来のロジックの良さが引き出せていないようで、残念です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました